英会話教材

Premium 記事 (例)

小学校の英語教育が2020年に必修化!

2017年3月に実施を告知されていた新学習指導要領が、3年の移行期間を経て、2020年4月から始まっています。「2020年の教育改革」とも呼ばれる新学習指導要領のなかでもとりわけ注目を集めているのが、小学校での英語教育必修化です。

今回の教育改革における目的のひとつが、今後ますます進展すると予想されるグローバル化に備え、国際社会で活躍できる人材を育成することです。そのためには、世界に通用する実践的な語学力を習得できるように、英語教育の強化や内容の刷新が不可欠とされています。

小学校で英語教育が導入されるのは3年生からです。3年生と4年生は「外国語活動」として、5年生と6年生は「外国語」という教科として採用されています。

新学習指導要領は、2020年からの小学校に続き、2021年には中学校、2022年には高校と、全国すべての学校で順次実施されていきます。