ワーキングホリデーの仕事の見つけ方や探し方、知っておくべき海外求人サイトの紹介!

Working Holiday ( ワーキングホリデー )

ワーキングホリデーは、海外でフルタイムの仕事が認められている特別な制度で、実はとても貴重な体験のできるチケットなのです。主に日本国籍を所有している18歳~30歳の間にのみ使用できるチケットでワーキングホリデー協定で認められている範囲であれば、基本的にどんなアルバイトでもすることができます。

ワーキングホリデーの仕事の見つけ方

海外での職探しに関しての不安を抱えている方にとって、どのようにすれば海外で仕事にありつけるかといったことは非常に関心のあるトピックではないかと思います。日本でアルバイトを探す場合には情報サイトなどで求人広告を探して応募するといった流れが一般的ですが、海外でも仕事を探す方法はいったいどのような方法があるのでしょうか。

1 インターネット求人サイトの活用

①インターネット求人サイトの活用

インターネットのアルバイト情報サイトで求人を探して、とにかく応募し続ける方法です。代表的な海外で有名な求人サイトを紹介します。

Linkedin

Linkedin 

https://www.linkedin.com/

海外では、転職経路の約4割近くがLinkedInの使用からと言われるほど、多くの人に利用されています。日本にいながらでも渡航先の国の求人情報を仕入れることがでるのは嬉しい点です。うまくいけばそのまま採用の可能性もあります。

ぜひ登録をしておくべきです。

Craigslist

 

Craigslist

https://tokyo.craigslist.org/(東京Creigslist)

知る人ぞ知る海外最大のクラシファイドコミュニティサイト「クレイグリスト」はアメリカ発祥でオーストラリア、カナダ、ニュージーランドとワーホリ人気国を含めた世界50カ国、570都市向けに展開されており日本でも東京や大阪などの8都市に存在しています。特徴はアクセス数の多さと広告の種類の数の多さです。仕事の求人から部屋の賃貸、家具の売買に至るまで様々な情報を仕入れることができます。

渡航先の国と都市が既に決まっている場合は(国名 都市名 Craigslist)とインターネットで検索してみましょう。

Kijiji

Kijiji

https://www.kijiji.ca/

Kijiji 読みは「キジジ」。スワヒリ語で「村」を意味します。

仕事の募集、友達募集、ルームシェア、不要品の交換引き取など個人の案内広告を無料で登録・検索できる eBay のサービスです。求人も多くされており、お目当ての職種の求人があった場合には連絡をとることができます。

海外に行く際はぜひ頭に入れておきたいプラットフォームの一つです。

2 履歴書を店頭に渡しに行く

②履歴書を店頭に渡しに行く

海外では主流の古典的な職探しの方法の一つです。履歴書のことをResume(レジュメ)やCV(curricula vitaeの略)と呼び、自ら店頭に履歴書を渡しに行く行為のことを

Dropを使用し落とすと表現することが一般的で、Drop off a resume/CVと英訳します

案外多くの人がこのやり方で仕事を手に入れており、緊張しガッツのいる行為ですが本気で仕事が欲しいという意欲が相手に伝わるはずです。明確に働きたいお店が決まっているのであればこの方法もありです。

3 お店のWebサイトから応募する

③お店のWebサイトから応募する

最近ではオンラインからそのまま履歴書を登録し応募できるところが増えてきています。気になるお店があるのであればインターネットでWebサイトを検索し、現在求人を募集しているかどうかの確認をしてみましょう。万が一募集していなくてもEmailが記載されているのであれば、履歴書と志望動機の文章を添付してEmailを送ってみるのもありです。

4 知り合いからの紹介

④知り合いからの紹介

既に希望する職場で働いている知人がいるのであれば採用担当の人を紹介してもらいましょう。この方法が一番最短で採用確率の高い方法ですが、特に海外の職場ですのでなかなか稀なケースですが、もし周の知人に『わたし、仕事を探しているのだけれどどこか求人しているところ知らない?』と聞いて回るのも効果的かもしれません。ちなみに求人の英語はHireです。 道を歩いていお店にHiringと紙が貼ってあるところは求人中という意味です。意外に目を気配りしていると多くのお店が求人中であるということに気づくと思います。

まとめ

海外での職探しに不安を感じている人も多いと思います。

仕事をして収入を得るということは現地の人たちの生活の一部になるということです。それは英語のコミュニケーションの能力を含め、大きな責任を伴うことであると同時にとてもやりがいを感じるものでもあります。大切なのは今の自分が社会にどのように貢献できるかを見定めることで、若いワーキングホリデーを使用して海外で働く人たちにとっては持っている時間と労力を使い貢献するという方法でもなんら構わないはずです。レストランの皿洗いやホテルの清掃、レストランのキッチンなど高い英語力の要求されない代わりに、細かい気配りが求められる仕事も多く存在します。自分は英語が喋れないから海外で仕事をするのは難しいのではないかと諦めるのではなく、もし海外で働くことに興味があるのであれば、挑戦してみるべきだと思います。

大丈夫です。日本人の仕事に対するひたむきさは世界水準です。あなたが今できることを一生懸命海外の土地ですることを見てくれる人はいるはずです。

そのうちに英語は身についてくるものだと考えることが大切です。

 

 

関連記事