日常会話に英語を落とし込んで子どもの英語力を伸ばそう!日常生活で使える英語フレーズ集

留学準備の日常で使う表現

語学力を伸ばすために海外に行くことは勇気のいる決断です。特に言語がよくわからない場合は、うまくコミュニケーションが取れないと思うかもしれません。準備期間に実際には、最初にいくつかのフレーズを頭に入れておきましょう。

実際の言語体験を通してすぐに理解するためにもいくつかのフレーズを持っておくことは効果的なメソッドです。留学時に使用する最も一般的な10の英語のフレーズは次のとおりです。

Hello, How are you?

こんにちは!元気ですか?

一番有名なフレーズ。それでも、「こんにちは」、「こんにちは」、「おはよう」と言うこと、そしてどのようにやっているのかを尋ねることは、コミュニケーションを成功させるための鍵です。礼儀正しくすることは会話のトーンを設定し、あなたが努力していることを示します。

Excuse me, how do i get to…?

すみません。… にはどうやって行きますか…?

新しい国では、道順を尋ねなければならないことがよくあります。もちろん、最近はGPSやGoogleマップに頼ることができますが、そうすれば言語スキルを練習できなくなります。重要でいくぶん明白なヒントは、この1つのフレーズだけでなく、質問に答えて何を聞くことができるかを学ぶことです。

Can you repeat that? ( Say that again please?)

繰り返してもらえますか?

誰かが速く話すかどうかにかかわらず、第一言語の話者を聞くことは最初は難しい場合があります。たとえば、慣れるための新しいアクセントがあります。これは、学習した単語が新しい方法で発音されることを意味する場合があります。

留学中にこれが起こった場合は、「繰り返してもらえますか?」

と言ってください。

Could you speak a little more slowly please?

もう少しゆっくり話していただけませんか?

この文には多くのバリエーションがありますが、旅行前に学ぶ最も一般的な英語のフレーズの1つです。すでに誰かに言ったことを繰り返すように頼むことは別に恥ずかしいことではありません。逆にいったことを知ったかぶりしてしまうことの方が恥ずかしいことです。

Excuse me. where’s the bathroom?

すみません、トイレはどこですか?

人間、人種に関わらずみんなトイレに行きます。よってこのフレーズはとても大事なフレーズです。旅行中なのか留学中なのか関係なく非常に有益な表現です。

「バスルーム」に使用される一般的な単語には、toilet、loo、lavtaory WC、全て「トイレ」の意味を持ちます。

What do you mean?

どういう意味ですか?

ネイティブスピーカーが使用する最も一般的な英語のフレーズです。たとえば、英語での慣用表現の例でアメリカ人が『簡単だった』と表現する場合、彼らはそれを『ケーキ』『(That is a piece of a cake)』だと言うでしょう。外国語を学んだことがない人は、そのような表現は理解しにくいかもしれませんね。

そのような状況で「どういう意味ですか?」

と説明を求めます。

How much is it?

それはいくらですか?

外国にいるときは、サービスに同意したり使用したりする前に、特定の物にいくらかかるかを覚えておくことが非常に重要です。事前に価格を尋ねる習慣を身につけておきましょう。色々な場面で使えるフレーズです。

Thank You!

ありがとう!

 

礼儀正しくすること以外に相手に良い印象を与える方法はありません。どんなに小さなことでも、誰かがあなたのために何かをしてくれたときはいつでも、常に「ありがとう」と言うことを忘れないでください。それがあなた自身の文化の一部であるならば、それはおそらくあなたの自然な言葉として出てくるでしょう。

この言葉が嫌いな文化はおそらく地球上のどの国にもないでしょう。

一番重要なのは英語のフレーズを学ぶこと

留学の準備をしているときは、実際の会話の準備ができるように、特定の一般的な英語のフレーズを学ぶことが重要です。ただし、レベルについてはあまり心配しないでください。実際に現地に行けば自然と身につくものだからです。

なるべく多くのフレーズを頭に入れていき、自信をつけ、新しい環境に飛び込むことに関する恐怖心をなくしていく作業を中心的に行うことが事前準備の鍵です。

関連記事