最近話題のZ世代って何?Z世代が子どもに子供にできる異文化環境の提供方法とは

Z世代

Z世代と呼ばれる世代は1990年後半頃から2012年頃に生まれた世代で、これからの時代を担っていく新たなこどもたちはこのZ世代の親を持って生まれてきます。

Z世代の特徴はデジタルネイティブであり、SNSネイティブ、さらにスマホネイティブでもあるといった特徴を持っています。したがって外国に対する意識や距離が両親やその前の世代とはまったく異なる考え方を習得してきたZ世代の方達の子供たちは、ますます周囲の世界とつながる世界で育ち、多様性を受け入れ、従来の障壁を打ち破るでしょう。

では、子供がいつか働く異文化環境に備えるためにどのように子供を整えることができるでしょうか。

基礎を築く

効果的な異文化コミュニケーターは、耳を傾け、観察する方法を知っています。彼らは事実を比較検討し、結論にジャンプする前に文脈の中でメッセージを解釈しようとします。突っ込む前に聞いて見るように子供たちに教えることは貴重なスキルです。世界の好奇心を奨励すると同時に、他者を尊重します。異なる文化についての本を読んでください。小さい子供以上に適した本がたくさんあります。

子供に模範を示す

お子さんの前では「異なる」人々について話すときは、敬意、寛容、共感を伝えるようにしてください。テレビのニュースを怒鳴りつけたり、政治的に間違った冗談を言ったりすることの全てを子供たちは注意深くあなたのメッセージとして受け取ります。

第二言語を話す

これからの時代、他の言語でコミュニケーションできることは不可欠であり、子供たちはすぐに言語を習得するので、若くして始めることをお勧めします。ディズニーなどのお子さん向けの映画や年齢に適したテレビを英語の音声で流していおくのは非常に効果的です。現在はお子さん向けの英会話教材としてかなり考え抜かれた教材が多く存在しています。ぜひお子さんが小さい頃から生の英語、または将来使って欲しい外国語を聞かせてあげてください。

文化的に豊かな家を作る

子供たちは、幼い頃から偏見なく他の文化に触れることができます。

さまざまな食べ物について教え、世界中の料理や味を紹介するのもおすすめです。たとえば、中東、フランス、インド、タイなどでの他の文化の音楽をYouTube などで再生して聞かせてあげるのも楽しいでしょう。日本のお祭りやもし周りで異文化のイベントに触れられるのであればぜひ体験させてあげましょう。ゼロ差別の日など、国連の「国際的な日」からそれほど重くないトピックをいくつか選び、それについて話してあげるのもおすすめです。

交換留学生を受け入れる

実際、異文化の人と一緒に暮らすことは、大変なことが多いですが多くのことを学ぶことができるでしょう。一生の経験としてホストファミリーや彼らが世話をした子供たちと生涯の友達であり続け、将来大きくなったときに世界のどこかで再開できるかも知れません。

過保護にならない

たとえば、森の中や川で遊ばせてあげて自然を学ばせてあげたり、機会があれば子供たちに文化的な没入感を体験してもらいましょう。もし成長して旅をしたいといったら、深呼吸して信じて手放してあげてください。初めて親なしで旅行することで、若者は別の文化についてまったく新しい視点を得ることができ、自信をつけることができます。大丈夫ですこどもは大人が思っているよりも強くて逞しい存在なのです。

まとめ

もはやインターナショナルなくして今の世界は回らなくなってきているような発展を見せています。少し前の日本は鎖国をしていた歴史があったり、違う国と争っていた歴史があったり、すでに過去になった出来事から学ぶことは多いはずですが、これからは前を向いて全世界が一緒の方向に進んでいく時代がきているように感じます。世界の共通語としての位置付けを得ている『英語』。ぜひお子さんが小さい頃から触れさせてあげる環境づくりをしてあげてください。

将来お子さんが大きくなったときに感謝される日がきっと来るはずです。

関連記事