演技を通して英語に触れよう!お子さんとご自宅でできる海外の劇団の訓練特集

演技のリソースに含まれるスクリプト(台本)は、年齢層を念頭に置いて書かれています。年齢に合った英語の舞台題材を見つけその世界観の中でお子さんに役を与えてあげてあげることは役になりきることで五感を通して英語を学んでいきます。
演技は豊かな活動であり、それを追求する人々は、舞台やスクリーンで演じるという最終目標を持つ必要はありません。 しかし、子供たちがもっと恥ずかしがり屋のとき、または彼らが彼らに利用可能な地元の公演機会を持っていないかもしれないとき、あなたはどのように子供たちのために演技を楽しく提供してあげられるでしょうか。
それではご自宅でお子さんとできる演技レッスンをご紹介いたします。
古典的な劇場ゲームで、多くの劇団が取り組んでいる方法です。
実際にお子さんの表現力を伸ばしてあげるために非常に効果的であると言えます。

マイミングでできる劇場ゲーム

観察力を養うトレーニング

ペアで向き合ってお互いを観察します。「相手についてできることはすべて注目してください。おこさんの服、髪、目を見て、本当に相手を観察してください。次に、お子さんと背中合わせにお互いから離れるように言います。
次にお子さんに自分自身について3つのことを変えなければならないことを伝えます。
例えばお子さんは靴下を脱いだり、髪の毛を変えたり、靴を脱いだりすることができます。次に、向きを変えてお互いに向きあい、何が変わったのかに順番に気づいたことを話していきます。

相手への思いやりの心を養うトレーニング

お子さんに両手をかざし、相手の両手と手のひらを互いに向けてもらいます。
次に自分がエネルギーの玉を持っていると想像してもらいます。
エネルギーが脈動し、光を放射するのを感じてもらいます。
その後大きくしてから小さくしてもらったり自由に遊んでもらいます。
しばらく練習した後、両手を落としてもらい、相手のためにそのエネルギーボールを作ってあげてそれを相手に投げかけてあげます。
大きくても小さくてもかまいません。エネルギーボールを受け取った相手は、ボールを受け取りお子さんに返してあげる際にお子さんの受け取りやすいボールに変換して投げかけてあげます。
これにより相手への思いやりの力とコミュニケーションの力が養われます。

見えないものを感じるようにする訓練

お子さんに座ってもらい、リラックスをしてもらい、手に収まる大きさのボールを持っていると子供たちに想像させます。ボールの質感と重さを想像し、手で転がしてもらいます。
それを次に小さくしてもらう…それを大きくする…それをより重くする…それを軽くする。そういった演技をしてもらいます。
その後,子供たちにボールを鉛筆などの別の物にゆっくりと変えてもらいます。子供たちにゆっくりと移行するように指導し、ボールをスクランチダウンし、鉛筆に形作られるまで、ボールをより平らで長くします。

徐々に、iPod ボウル 花 バナナ など、クリエイティブに子供たちからの提案も受け入れましょう。

想像力を養うトレーニングです。

未来創造のためには想像力というものが必須になってきます。

お子さんの想像力は無限大です。

伸ばしていってあげられる環境作りを心がけましょう!

英語のお子さんよう台本がダウンロードできるサイト

https://www.dramanotebook.
実際に俳優として活動している人たちの間でもこれらの巧妙でよく書かれた脚本を読んで勉強をしているといった人たちも大勢います。自宅でのオリジナルや教室のドラマのための絶対に優れたリソースであるこのサイトで購入することができます。 さらに良いことに、これらのスクリプトの多くはZoomでも動作します。
このサイトには子供向けの演技スクリプトが無限に用意されています。

関連記事