バイリンガリズムへの道を歩むお子さんが得る6つのメリット!

複数の言語を話すことには多くのメリットがある

将来の計画が何であれ、複数の言語を話すことは、常に非常に有用なスキルです。これは特に年齢の幼いお子さんに当てはまります。 思春期に成長するにつれて、新しい語学力を実践することは、全く新しい視点から世界を理解するためのプラットフォームを提供し、新しい習慣や文化的ニュアンスを受け入れることを奨励します。言語が成長の重要な時期に他者に対する共感と理解を育む一方で、グローバル化した職場でのプロの成功への新しい道筋を開くにつれて、さらなる利点があります。

バイリンガリズムへの道にあなたの子供を置くべき6つの理由を次に示します。

バイリンガリズムへの道に進むべき6つの理由

異言語への挑戦は共感力を高める

子どもたちは新しい言語を学ぶとき、異なる社会に属する習慣や価値観を紹介します。これは、文化的感受性を向上させ、新しい観点から考えることを奨励します。彼らの発達の重要な時期に、子供たちを世界を見る新しい方法にさらし、他の人がどこから来たのかを理解することは、自分自身とはなんなのか、それぞれのキャラクターを定義することができ、他人は他人、自分は自分といった価値観を持つことができます。

バイリンガリズムには健康上の利点がある

複数の言語を話すことは認知症の発症を遅くすることができるとの研究結果が存在しています。異なる受容体を使用して学ぼうとするときに脳は、情報を処理する全く新しい方法を見つける必要があり、これは、その機能を保護するのに役立ちます。

例えば古い車について考えてみてください。何年もガレージに横たわっているもののエンジンは、慎重かつ定期的に運転される同じモデルと比較すると、何年もの非アクティブの後に再びエンジンをかけることがはるかに困難になります。

人間にもこれが当てはまります。

学者はこれを「認知予備軍」と呼んでいます。

こどもの学習能力は計り知れない

子供には学習上の利点があります。

学習吸収力に加え通常、子供は大人に比べ夏休みや放課後のように自由に使える時間が多くあります。

このことだけを踏まえても子供時代に異言語を学ぶことはバイリンガリズムの道を歩むに快適な時期だということができます。

多言語を話せることは高収入につながる可能性が高い

現代のグローバル社会の中での多言語主義は非常に多くを占め、高い需要があることは多くの方々が承知のことと思います。

それは言い換えれば経済主義で考えるとより高い収入に関連しているということです。

いくつかの研究は、多言語主義と獲得の可能性との間に相関関係があることを示しています。他の国でポジションを見つける機会があり、雇用者は強力なコミュニケーションスキルと国際的な考え方と相関しているため、このスキルを重視しているため、

バイリンガルの人がアクセス可能な仕事のプールはより広いです。

言語学習は世界観を広げる

学習言語はお子さんの世界観を拡大します。

各言語は、独自のスタイル、イディオム、文化的な参照と遺産を持っています。

これらの機能にお子さんは触れ、彼らが表現するアイデア、新しい語彙と文法の変化は、完全に新しい方法で世界を理解するためのツールを備えており、

結果的に一つの言語だけを話すよりも広い世界観を得れることができるでしょう。

世界に目を向けると複数の言語を話すことが当たり前になる

世界に目を向けますとほとんどの人は複数の言語を話すことが数字にも表れています。特にヨーロッパなどの国々は3〜4種類の言語を話すことも。

一般的なコンセンサスによると、地球上のほとんどの人々は多言語です。

その理由には、植民地主義の歴史やグローバリゼーションの現代などがありますが、日本に住んでいる限りは日本語だけで生活できることはとても恵まれていることですが、

これからのお子さんの将来を考えるのであればぜひ複数の言語を話せる能力を備えた大人になれる環境づくりを与えてあげることは何にも変え難いギフトになるでしょう。

関連記事