国際的教育プログラムの中核的要素(CAS)って一体なに?

CASとは

 

創造性( Creativity )、活動( Activity )、サービス( Service )

一般的にCASと呼ばれ、昨今の国際教育プログラムの中核的な要素です。

CASは、クラブ、ボランティア、スポーツ、その他の共同カリキュラム活動を通じて経験やプロジェクトに従事することにより、教室外で自分の興味、才能、スキルを追求することができます。

3つのカテゴリー

CASでは学生は

創造性、活動、奉仕の3つのカテゴリーに分類される経験とプロジェクトを完了する必要があります。創造的な経験を通して、学生は革新的な製品や解釈的なパフォーマンスにそれらを導く独創的なアイデアを探求します。

アクティブな経験は、学生が身体活動に従事することを可能にし、より健康的なライフスタイルにつながります。

サービス経験は、学生が共同で地域社会と関わる機会を提供します。

繋がりを確認できることにつながります。

また、

3つの分野のうちの1つ以上に焦点を当てた長期的な共同プロジェクトを完了し、特定の関心に対する理解を深めることを期待しています。

CASは学問的な要件ですが、情熱を追い求め、

新しい趣味を発見する学生の生活の大切な部分になることがよくあります。

CASが教室で重宝される理由

CASが教室での学習をサポートする方法をIBの世界の創設者であるアレックス・ピーターソンが説いています。

「何かを信じるなら、考えたり話したり書いたりするだけでなく、行動しなければならない」と語ったアレックス。

この引用は、教育における経験的学習の重要性を知らせました。

現代の教育に欠けているものは行動ではないでしょうか。

行動を促すCASプログラム

CASプログラムはこの点でいい意味で学生に具体的な方法で行動を起こすようにプッシュします。学生は地理学の授業における気候変動の緊急性について学ぶかもしれませんが、CASでは学習をさらに一歩進めます。

CASを使用すると、学生は学校のリサイクルプロジェクトを作成したり、エネルギーを節約するためにその日の照明を消すよう学校に求める「ブラックアウト」を計画することができます。

実際の成果に関する問題に直接取り組む

創造的、活発、またはサービス指向の方法で世界の変化を実現するためには、実際の成果に関する問題に直接取り組むことが不可欠です。

このユニークな教育コンポーネントは、学生が自分のコミュニティで、常に典型的なアイデアによって促進されない強力な方法で自分自身に変化を作成することができます。

CASは生徒を快適ゾーンから抜け出させるきっかけになる

CASを通じて、学生は既存の才能とスキルを開発するか、快適なゾーンから抜け出し、安全な空間で新しい活動を試す機会を与えられます。

プログラムの最後に、多くの学生は、CASが彼ら自身についてのより多くを発見するのを助けたと感想を述べます。

おそらく、CASプログラムに参加する以前のお子さんたちは、サービスへの愛、実行能力、または挑戦に直面したときの回復力など自分自身にあることに気付かなかったでしょう。

学問以外の学生のスキルを伸ばすることは、充実した自信に満ちた情熱的な人にとって不可欠です。

CASプログラムは、総合的な学習のための優れた基盤を提供します。

限界を取り払うCAS

CASに関しては限界がありません。

CASを実践する生徒が情熱と献身でそうする限り彼らが追求することを選択したものに限界を作りません。

CASの教育プログラムっでは学生をサポートするために誠意を尽くせるシステム作りをしています。学生のプロジェクトが実現するのを見るのは非常にやりがいがあることで、創造性、活動、奉仕を通じて、学生が本当に気にしているプロジェクトで取る誇りと喜びは、実践的な学習体験を提供することの重要性をさらに強化するものと知ることができます。

もし日本の学校コミュニティ全体がCASの成功を分かち合うことができれば、

起こる学習と成長は本当に信じられないほどであると考えられています。

関連記事