英語が流暢であることと、バイリンガルであるということの違いは?母国語以外の言語学習に最適な年齢は何歳から?

90年代後半まで、多くの親は、幼い頃から子供に第二言語を教えることは混乱と精神的発達の遅れにつながると信じていました。 実際、1999年には、アメリカで子供に第二言語を教えるのが早すぎると二重の「半言語主義」をもたらすと主張する論文が出版されました。

しかし現在でのグローバル化された世界では第二言語を話す人々が増え始めその概念は覆され、若ければ若いほど第二言語を理解できるようになるバイリンガル脳が構築されるチャンスが高くなるということがわかってきました。

英語が流暢に話せることとバイリンガルであることの違い

英語がペラペラな人は今日本でも多く存在しており、実際にバイリンガルであることと、英語が流暢に話せることの違いはなんでしょうか。

バイリンガルであるということは、両方の言語を同じように話し、簡単に切り替えることができることを意味します。 理想的には文法上の誤りを犯さず、どちらも同じように自然に伝えたいことが伝えられるということです。一般的にアクセントが検出できません。

それは流暢に話すことや、片方を完璧に話せることと同じではありません。大人として第二言語を学ぶことは、ほとんどの場合、この種の問題につながります。 2つの言語を話す翻訳者でさえ、ほとんどの場合、母国語に翻訳します。

完全にバイリンガルであることは非常にまれであり、子供に与えることができる贈り物です。

第二言語は使わないと使えなくなる

サイエンティフィック・アメリカンの調査によると、言語が時間の経過とともに変化し進化するにつれて、第二言語の学習に関しては、「それを使用するか失うか」の他の理由があります。言語環境化のループの外で数年を過ごすと、語彙が遅れます。あなたを洗い流す新しい言葉やフレーズが今いる言語環境下で起こることもその理由に起因します

外国語はいつ学び始めるといい?

それでは、第二言語の学習を開始するのに最適な年齢は幾つでしょうか? いくつかの研究は、最良の年齢は6歳以降であるが、思春期前であることを示唆しています。バイリンガリズムは、思春期の発症直後からまだ達成できると言う人もいます。しかし、どの研究も思春期後の窓が狭く、あなたが年をとるにつれて、第二言語を学ぶことがより困難になることに同意します。

バイリンガルになるために第二言語を学ぶべき年齢は0~6歳

いくつかの研究では思春期前に異言語環境に溶け込むことができれば可能であるという提唱もある

まとめ

Sooner is Better  (早ければ早い方がいい)

どの研究も第二言語を学ぶには時期は早ければ早い方がいいという提唱がされています。幼い頃の記憶というのは表面ではなく意識の奥の奥に蓄積されていくといいます。ある程度世界が理解できるようになると周りの環境をベースに人間の脳はカタチ作られていきます。刺激の少ない優しい絵本など、子供向けのアニメなど様々な方法が現在では存在しています。

幼い頃に英語の環境を周りにつくってあげること。

バイリンガル脳を得るということは将来のために何にも変え難いギフトになります。

勉強はいつからでも遅くはない

第二言語を学ぼうと思っているのに、すでに20代、40代、またはそれ以上に入っているなら、絶望しないでください。オッズのほとんどはあなたに対して積み重ねられていますが、あなたが若い学習者よりもいくつかの利点を持っていることを示唆する証拠があります。 研究によると、年配の学習者は語彙テストでより良い成績を収め、人生経験も関連付けを行う際に非常に貴重であることが示されました。 早ければ早いほど良いことには変わりはないのでぜひ今日から英語の勉強をはじめてみましょう!

 

関連記事