TOEICとTOEFLはどっちが難しい?違いを細かく解説

TOEIC & TOEFUL の違いとは?

TOEICとTOEFLは英語を勉強している人であれば一度は耳にする単語ですね。英語のテストで点数によってのスコアが出るので、大学入学や企業に入る際に最近はよく求められるテストです。

一体どういったものなのでしょう。

TOEICとTOEFULはどちらもアメリカの非営利テスト機関であるETSによって作成された試験です。

TOEIC (Test of English International Communication)

TOEICは(Test of English International Communication)の略で、英語を母国語としない人たちの英語でのコミュニケーションの能力を測るために作成された試験です。

日常会話やビジネス会話に関する単語や文章が多く出題されます。そのため日本においては、英語能力を重視する外資系企業や大手企業の海外事業部で、TOEICスコアの提出を求められることが多くなっています。

「ビジネスに活かしたい」「日常会話を身につけたい」という人のための英語能力試験です。

 

TOEFUL (Test Of English as a Foreign Language)

TOEFUL

TOEFLは(Test Of English as a Foreign Language)の略で、日本をはじめ、主に英語を母国語としない国の人たちを対象に実施されているテストで海外の実際の大学で行われる講義を利用したアカデミックな内容が多く出題されます。海外留学のための試験でよく使われるTOEFUL、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの教育機関において入学・卒業の基準として用いられています。

 

海外で不自由なくキャンパスライフを送るために必要な試験です

TOEIC TOEFUL 試験内容・時間

TOEICの試験内容・時間

TOEICの試験時間は

リスニングテスト45分(100問)+リーディングテスト75分(100問)

合計2時間で構成されています。試験中に休憩時間はなく、45分のリスニングテストが終了したらそのままリーディングテストへと移ります。

紙とペンを使う一斉のマークシート方式型の試験方法がとられています。試験当日には問題用紙と解答用紙が配られ、会場で音声を聴いたり問題用紙を読んだりして答えを選び、解答用紙にマークします。

TOEFULの試験内容・時間

TOEFLの試験時間は

試験前半のリーディングテスト・60~80分とリスニングテスト・60~90分。

10分の休憩を挟んだのちに、後半はスピーキングテスト20分とライティングテスト50分(Integrated Task 20分、Independent Task 30分)合計4時間30分程です。

TOEFLの試験は4つのセクションで構成されています。

試験会場にパソコンが用意されており、それを用いてテストが行われます。受験者はマウスを使いヘッドセットを装着して全セクションの試験を受けることになります。スピーキングテストも対面ではなく、ヘッドセットのマイクに向かって喋る録音形式です。

またチェックインした順に受験できるiBT試験(Internet-based Test)で行われます

まとめ

用途によって受けるべきテストも変わってきます。日本の外資系企業などのために点数の提示が必要な場合はTOEICテスト、海外の留学のための場合はTOEFULテストといった感覚でしょうか。外国人が日本で生活する際によく受ける日本語検定を何も対策のしていない日本人が受けても満点を取れないように、単に英語が喋れるからといっていい点数が取れるとは限りません。

本屋に並んでいる勉強書やアプリなどオンラインで勉強のできるものを利用していい点数を取りたければテストの流れに慣れておくといいでしょう。

関連記事