英会話勉強法で一番おすすめなのは「映画を観ること」そのおすすめ勉強法の紹介!

最速な異言語学習は映画を観ること?

英語を学びたいと思っている人もすでに習って勉強をしている人も劇的な言語改善のために最速な言語学習戦略は何であろうかという疑問を持っているはずです。

その質問に対する最も一般的な答えの1つは、

映画を観ることだと言われています。

映画が異言語学習に最適な理由

映画を見ることが異言語学習の助けになる説得力のある理由があります。

主にそれらの作品はネイティブスピーカーのスピードで対話が提供されており、俳優の良質な演技は見ている人に文化や空気感を味わうことを助け、映画を観ているあなたはあたかもその場にいるように母国語の感覚を得ることができます。

しかし、映画を観るだけでは、

学んだことを深く掘り下げずに忘れてしまうのは簡単なので、あまり役に立ちません。

したがって、解決策は、「劇的な」インタラクティブなアプローチを取ることです。

映画を使用した英語勉強法の一部を紹介!

英語圏で作られた好きな映画を見つけましょう

まず、何度か観るのに十分な魅力を感じる映画を見つけます。

理想的には、ご自身の興味に沿った、理想の地域のアクセントに光を当てている現代を舞台にした映画を見つけてみましょう。

日本語字幕で最低3回は観る

特定の映画が決まったらあとは鑑賞しましょう。

ポイントは物語のストーリーの流れをい大まかに掴むこと。

ほとんどの映画は起→承→転→結の流れで物語が進んでいきます。

最初のアプローチではこの流れを掴みます。

もしも日本語字幕では難しいという方は日本語吹き替えで作品をまず観てこの起承転結の流れを掴みましょう。

ただし、表現など日本語に翻訳される際に微妙に変えられている場合があるので

是非日本語字幕での鑑賞をおすすめいたします。

英語字幕で最低5回は観る

物語の大まかな流れが掴めたら次のステップは俳優の喜怒哀楽を感じることです。

英語字幕では最初はなかなか掴めないかもしれません。

しかし何度も何度も観てみてください、ある段階で俳優が何を表現したくそのセリフを話しているのかが言語の壁を超えて感じれるようになると英語字幕が少しずつ頭に入ってくるようになります。

最初は映像の停止ボタンをおさないで何度か最初から最後まで観るように心がけましょう。

何度か観て流れを掴んだのちに、

必要に応じて停止ボタンを押して実際になんと言っているかを確認してみましょう。

可能であればノートに転写してみるのも非常に効果的です。

英語字幕なしで観る

お次は日本人が日本語で作られた映画を字幕なしで観るように、英語で作られた映画を字幕なしで鑑賞してみましょう。映画のストーリーライン(起承転結)はすでに頭に入っているはずですのでこの段階では頭を使わずに映画の持つ本質の空気感を存分に楽しみましょう。

どうしてもなんと言っているかわからない場所がある場合も最初は気にしないで大丈夫です。

映画の登場人物は何のためにそのセリフを言っているのか、

そのことの方が実際にどのような単語を喋っているというよりも大切なことなのです。

なんども観ることで役者さんの話す英語が徐々にわかってくるようになるので不思議です。

英語字幕で観る

最後にもう一度英語の字幕をつけて映画を観て観ましょう。

ここでは細部に注目して役者の話すセリフを映像を停めて観ていきます。

どうでしょうか、案外あなたの知っている表現であったことに気づいたり、新たな発見があるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらのステップを踏めばあなたはその映画の世界で話されている英語に対して非常に楽観的に感じられるようになるはずです。旅行に行って異国の景色に心揺られるように、映画を見て何かを感じて見てください。

この映画はおよそ1~2時間程度の尺の映像物語であるかもしれませんが、その裏側には何ヶ月、さらには何年もの制作者たちの汗と涙が刻まれていることを考えますと少し違った風に映画というものに対した感覚がもてるかもしれませんね。

ぜひ気負わずに自宅でまったりとした時間に映画を使用した英語勉強方法をお試しくださいませ!

 

関連記事