お子さんに読み聞かせしやすいインスピレーションストーリー

お子さんへのインスピレーションストーリー

この記事では、子供が話を聞くときにプラスの影響を与えることができる最高の動機付けの物語のいくつかを紹介していきます。特にお子さんへの物語はハッピーストーリーテリングであることをお勧めいたします。

子供のための道徳を持つベストインスピレーションストーリーを紹介いたします。

信じる力のお話

象を使ってサーカスショーを行っていた人のお話。

彼は5頭の象を飼っていて、それほどきつくない1本のロープでつないでいました。

もちろん象は巨大で強いので、ロープを破って逃げることが簡単にできるはずでした。

ある日、サーカスを訪れた男が、ロープがゾウを締め付けるほど強くないのに、なぜゾウは逃げようとしないのかと尋ねます。男は返事を聞いて驚きました。

象使いの彼は、彼らの若い頃から、象は彼らがロープを壊すことができず、そう信じるように代々教えられてきたからだと言います。

そして、それがこれらの象が決して逃げようとしなかった理由です。

物語の道徳: わたしたちの限界と強さはわたしたちの中にあります。達成できると信じれば、何でも達成できます。

他人にした優しさは必ず帰ってくるお話

ジョンという名の少年は、自分の自転車が欲しくどこへ行っても自転車に乗ることを切望していました。

しかし、彼の父親は彼のために自転車を買うのに十分な収入を得ていません。

ある日、学校へ向かう途中、ジョンは男の子が頑丈な自転車に乗っているのを見ます。しかし車輪が滑って、自転車に乗っていた少年は転んでしまいひどく傷ついてしまいました。

ジョンは急いで助けに行き、応急処置のために医者に連れて行きます。

その後、ジョンは少年が家に帰るのを手伝いました。

その少年は裕福な家庭に属しており、両親はジョンが息子を助けてくれた、彼の優しさのお礼として、ジョンに新しい自転車をプレゼントしました。

物語の道徳: 親切にし、常に困っている人を助ければ、それはあなたに返ってきます。

努力は成果として帰ってくる

遠く離れた村で、ブドウ畑を持つ農家が住んでいました。

毎年彼のブドウ畑は豊かな収穫を与え、農家は非常に成功します。

彼には3人の息子がいますが、彼らは若くて元気ですが、決してわざわざ仕事をすることはありません。農夫は年をとるにつれて、息子の将来を心配し始めます。 それから彼は非常に病気になり、彼の死が急速に近づいていることに気付きます。

彼は息子たちを呼んで、こう言います。 「親愛なる息子たちよ、私は私の死が近づいているが、皆さん全員に別れを告げる前に、私は秘密を分かち合いたいと思います。畑の下には宝物が隠されています。私の死後、畑全体を掘って見つけなさい。

しばらくすると年老いた農夫は死に、彼の息子たちは最後の儀式を行います。

息子たちは畑のどの部分も離れることなく宝物を掘り始めますが、何も見つかりませんでした。しかし、彼らの畑の掘削は健全な作物につながり、莫大な収入をもたらします。これらの収入は、息子たちに彼らの父親が何を意味していたかを気づかせました

物語の道徳: 努力は常に報われます。一生懸命働いた成果は,あなたが望む形であろうとなかろうと,常に結果として帰ってきます。

関連記事