お子さんへのユニークな英語の教えてあげかた特集!

身近にあるもので英語を教えてあげよう

シンプルなオブジェクトで英語を教えることはお子さんが英語脳になるための最適な方法です。日常的なアイテムは効果的なレッスンの基礎を形成することができます。英語学習者が見て保持できる簡単なオブジェクトを共有することから始めることをお勧めします。

実際にその対象オブジェクトが英語で何と呼ばれているかを必ずしも知らなくても、自分が何者であるか、何をすべきかを知っている必要があります。これは英語で物事を考えられるようになる最初のステップです。

歯ブラシを使用した英語勉強法

単純な家庭用品で通常実用的な目的のためにあるものといえば歯ブラシでしょうか。一般に家の中の特定の部屋に属します。これは家庭にいることやそこで見つかるそのほかの品物についての別の教える部会の土台となるかもしれません。

歯ブラシの場合、ほとんどバスルーム、パウダールームに置いてあると思います。

それでは、自宅のバスルームがどのように見えるか、

そこで他にどのような物を見つけるか、

いつ歯を磨くか、歯を磨くことが朝のルーチンにどのように適合するかを説明するようにまで進んでいければ理想的です。

もしかしたら次に歯を磨くときは、新しい英語の語彙について考えるかもしれません。

写真を使用した英語の勉強法

ほとんどの人が自宅に持っているもう一つのアイテムは写真です。

例えばあなたが小さいお子さんたち向けに英語教室を開いている場合、お気に入りの写真を次のレッスンに持って来るように言いってみましょう。あなたのクラスは、お互いの家族、友人、趣味、休日についてもっと知ることができます。生徒の一人がその写真の場所でどのように過ごしたか、また新しい経験をしたと話しているところを想像してください。

「誰が」、「どこで」、「何を」、「いつ」などの質問をして、

英語を話すスキルを練習するよう生徒に勧めます。

写真はまた、ロールプレイングや共同作業活動を刺激することができます。生徒はグループに分かれて、聞いたことのある話の一つに基づいて絵を描き、共通のつながりや興味を見つけてもよいでしょう。

学習者が文脈の中で英語の語彙を視覚化して使用するのに役立つものは何でも、彼らが改善するのを助けるでしょう。

有名人の伝記を使用した英語勉強法

有名人の伝記を使用する英語勉強法は、英語を話すときの動詞の使用について学習者に教えるときに特に便利です。生徒が賞賛する有名人やスポーツ選手などを見つけ、短い伝記を使用するか、人生や主な業績を要約したものを英語で紹介してあげましょう。

その後、一緒に伝記を簡単なストーリーにしてを読み、過去と現在の違いをまた英語で理解できるようにしてあげましょう。

例えば、ケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさんの話など、

カーネルがKFCの仕事を立ち上げたのは、実は彼が65歳のとき。しかもそのときは無一文。月にもらえるのはわずか105ドルの年金のみ、なけなしの年金でガソリンを買い、出費を抑えるために、寝場所は車の後部座席。

そんな話を一緒にケンタッキーフライドチキンを食べながら話してみるのもいいかもしれません。

関連記事