小中学生の交換留学はどこがおすすめ? 国別に特徴を徹底分析

グローバル化が加速する日本でも早いうちに実践的な英語力を身につけさせたいと考えている方も増えており、国際感覚を身につけられる海外留学は将来の可能性を広げるチャンスであり、小学生の英語教育・留学事情も変化しています。

小学生の留学には、春休みや夏休みを利用した短期留学から家族で参加できる親子留学、子どもだけで留学できるボーディングスクールなどさまざまな種類があるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

小中学生の留学とは

小学生の留学を受け入れている国はたくさんありますが、国によって年齢や時期などの条件に違いがありますが代表的な国はニュージーランド、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フィリピン、マレーシア、スイスなどが挙げられます。

これらの国は春休みや夏休みを利用した短期留学や親子留学の受け入れに力を入れている教育期間が多く、吸収力が高い小学生のうちから生きた英語に触れることで、実践的な英語力を身につけられます。

小学生の留学経験を経て海外の学校へ進学するケースもあるので、海外の学校に進学させたい場合の第一歩としても人気のプログラムです。

人気の理由

語学学校やサマースクールにはさまざまな国の子どもたちが参加しているため、異文化に触れることで国際感覚の育成と同時にコミュニケーション能力の向上も期待できます。グローバル化が進む中、海外留学を経験することは、将来の可能性を広げるチャンスとなるはずです。小中学生のうちにこういった世界を体験しておくことは何よりの将来の力に変わります。

人気の留学先

イギリス

 

英語発祥の国と言われるイギリスでは、質の高い教育を受けられます。

イギリスには長い歴史としっかりした文化があります。礼儀作法など紳士になりための教育も気づかないうちに受け、短期留学でも多くのことを学べます。

ネイティブな英語にどっぷりと浸かり、将来大学進学の際も世界でも有数の高い水準の大学があるイギリスで教育を受けておくことは将来の可能性を広げます。

留学生のために集中して英語を学べる授業を設けている学校も多く、年間に多くの学生が世界各国から集まる人気の国です。

オーストラリア

豊かな自然の中でアクティビティを楽しみながら、のびのびと英語を学べるオーストラリアは、小学生の留学におすすめの国です。

英語圏のなかでも比較的治安がよく、小学生でも安心して留学できる環境が整っています。また、日本との時差がほとんどなくお子さんと連絡が取りやすいことも人気の理由となっています。年間にたくさんの日本人が留学をしています。

ニュージーランド

世界でも小学生の留学に力を入れているニュージーランド。

自然が豊かで独自の文化もあり、教育水準が高いことでも有名です。

小学生の単身留学を受け入れている学校もありまり広大な自然の中でのんびりと英語を学ばせたい方におすすめの留学先です。

カナダ

アメリカとの距離が近く、陸続きの国なたま英語の発音がきれいなことでも知られています。カナダ人はおおらかで優しく、日本人に少し近い人種性を持っている人たちで知られています。なまりのない英語を身につけられ、将来的に国際舞台で通用する英語を習得したければまずはカナダで英語を学ぶのも一つの手です。また、多様性の国とも言われており、コミュニケーション能力や独自性を伸ばすことで人間的な成長も期待できます。

 

アメリカ

自由な発想で個性を伸ばせるアメリカは、世界中からさまざまな人種が集まっているグローバルな国です。日本の文化との比較が顕著にしやすい文化の体験は何より世界観の拡大に繋がります。

語学はもちろん、演劇や音楽などを通してさまざまな刺激を受けられ、日本では出会えない自分の才能・可能性に出会えるかもしれません。また、語学学校やサマーキャンプには、現地の子どもたちに加え、世界中から子どもたちが集まるので、国際感覚を身につけることにもつながります。

 

関連記事