カタカナ英語とは。日本人が苦手なRとLの発音の改善方法

英語が語源のカタカナ用語がとても増えていますよね。

日本語を話す上でも欠かせない、とても便利なカタカナ英語。しかしカタカナ英語はあく英語のにはカタカナで発音して、中には意味まで変わってしまっているものもあります。カタカナ英語=英語だと勘違いしていると、いざ英語で話すときに意味が通じなかったり、発音が違ったりして困ってしまいます。

例えば『テーマ』実は英語の発音だと“θíːm”、カタカナで表すと「シーム」のような音になります。カタカナ英語で覚えていると、テーマを伝えれない英語が身についてしまいます。

日本語の50音の中にない発音を、無視した独自の英語発音はネイティブスピーカーが聞き取れない場合が多く、将来海外で生活や仕事をしてみたいと思っている人にとっては避けて通りたいところです。

なぜ日本人はRとLの発音が苦手なのか

なぜ日本人がRとLの発音を識別できないのかの説明に、一つの考察には日本語には流音の音素が一つしかない一方、英語には流音の音素が二つあり、歯茎側面接近音と、主に後部歯茎接近音として発音されるR音 とがある。このため、もはや子どもではなくなった段階から、第二言語としての英語を習うことになる日本語話者は、英語の LとRの発音を正確に聞き分けたり、発音することに、しばしば困難を抱えることになってしまうそうです。

物理的にない音なのですからRとLの発音は日本人英語学習者の大きな課題でもあります。

例えば元号の「令和」は英語では「Reiwa」と表記します。「Leiwa」ではありません。例えば、Right(右、正しい)とLight(電気、軽い)は全く意味が違います。正確に発音しなければ会話が噛み合わなくなってしまう可能性も秘めています。

RとLの発音改善方法の例

語学学校などで教えられるRとLの改善法の一つを紹介します。

Rの場合

Rで始まる単語を発音する時には初めに小さな「ぅ」を付けてみることです。

小さな「ぅ」を付けて、日本語のらりるれろを唱えます。

「ぅら、ぅり、ぅる、ぅれ、ぅろ」=「Ra,Ri,Ru,Re,Ro」

Lの場合

Lの場合は日本語の「らりるれろ」を下を前歯の後ろにつけた状態で 発音してみてください。

「La,Li,Lu,Le,Lo」といった感じです。

特例

ここで筆者が海外でこの問題について悩んでいたとにに現地の英語の先生から教わった解決法をご紹介します。それはシャンプーで有名な『Lux Super rich』をひたすら唱えることでした。

Lux supeR Rich. 

試してください。何回も呟いているうちに何かきっと掴めてきます。

関連記事