魅力的なコントラストに満ちた多様な国「アメリカ英語」のアクセントの種類を知ろう!

 

あなたが思いつく英語と言えば「アメリカ」でしょうか、それとも「イギリス」でしょうか。英語を学ぶ人にとってその先生の喋る英語がアメリカ訛りかイギリス訛りか、またはそれ以外の国なのかということは非常に大事な要素になります。

さてここではアメリカにフォーカスをしてみましょう。アメリカ英語訛りを持つとはどういう意味でしょうか?

結局のところ、米国は魅力的なコントラストに満ちた非常に多様な国です。 テキサス出身のカウボーイのアクセントなどハリウッド映画の英語で慣れ親しむことができたり、CBSなどのニュース番組やラジオで聞こえてくるニューヨークのより標準的な発音など様々なものがあります。将来お子さんがビジネスやレジャーでアメリカに行く可能性がある現代では、これらのアクセントについて知っておくと、何を期待すべきかを知り、リスニングスキルを向上させるのに役立ちます。

そこで、今回は最も特徴的なアメリカのアクセントを紹介いたします!

アメリカンアクセント 種類

ニューヨーク英語 アクセント

ニューヨーク英語 このアクセントは、ニューヨーク全土だけでなく、ニュージャージー州とロングアイランドの地域で話されます。有名なアメリカの言語学者ウィリアム・ラボフによると、ニューヨーク訛りは大衆文化に常に現れるアクセントであるため、しばしば「最もアメリカ的」であると認識されています。

〜Rを落として母音の質を変える〜

ニューヨーカーは”r”を落として母音の質を変える傾向があります。そのため、ニューヨーク訛りの強いスピーカーは、”Coffee”(コーヒー)の代わりに「コーフィー」、そして”First”(最初)の代わりに「フォイスト」と言います。

〜「-ng」の発音 〜

もう一つの顕著な特徴は、「-ng」の発音です。ほとんどのアメリカ訛りの話者が「g」の音を落とす傾向があるのに対し、ニューヨーカーは単語の最後に硬い「g」を付ける傾向があります。これの明確な例は、彼らがLong Island(ロングアイランド)と言う方法ですが、それは時々「ランガイランド」のように聞こえます。

ボストン英語 アクセント

ボストン訛りは、米国で最も有名なアクセントの1つです。映画のキャラクターや演劇、コメディアンによって頻繁に模倣されます。ボストン出身の人々、特にマサチューセッツ州は、初期のニューイングランド入植地にさかのぼり、アイルランド人やイタリア人のような異なる移民グループの影響を受けていた非常に明確な言語パターンを持っています。

〜子音が続くときに「r」を落とす〜

ボストン訛りの最も顕著な側面は、「r」の欠如です。この音は一時停止の前、または子音が続くときにのみドロップされますたとえば、Car(車)という言葉は「cah」と発音されます。これは、ボストンのアクセントを習得するために必要な最も明確な話し方パターンの1つです。言葉の最後に “r”を落とさなければなりません。

また文字 “r” の音は、”ee” の音など、他の母音の後にも消えます。

たとえば、Weired(奇妙なもの)は “wee-id” と発音されます。

〜「a」を正しく言う〜

ボストン英語は文字「a」を正しく言います。文字「a」は、単語の末尾にあるかどうかによって発音が異なります。 “a” で終わる単語の末尾に “r” を追加します。

例えばPizza(ピザ)という言葉はPizzer(ピッツァー)と発音されます。

この発音の他の例は、ソーダとパスタ,

Pasta(パスタ)→”pahster”(パースター)

そして

Soda(ソーダ)→”soder”(ソーダー)

またボストン英語ではCalifornia(カリフォルニア)を “Californiar” (カリフフォーニャー)といいます。

子音を丸めないので非常に早く話す

またボストン英語は最後に「r」のような文字を落としているので、ボストンの人々は非常に速く話すことで知られています。 彼らは子音を丸めないので、ボストン人はより速く文を言うことができます。言葉で “r”を丸めるにはいくらかの努力が必要です。

ボストン訛りの速さを実演すると、How are you?「お元気ですか」という文は「ハワヒヤ」と発音されます。

ミッドランド 英語

ミッドランドアメリカ英語の特徴は、アクセントがまったくないと主張されることが多いことです。すべてのアメリカのアクセントの中で、これは「標準」バージョンに最も近いと言われています。

ネブラスカ州、カンザス州、アイオワ州、オクラホマ州、ミズーリ州、インディアナ州、オハイオ州、イリノイ州のいくつかの地域のような場所で話されるこの英語は全国に広がっています。 また、ミッドランド・アメリカンでは、一部の母音は他のどの地域よりも舌を口の前に近い位置で発音します。 rの発音がよく聞こえる英語としては私たちが一般的に学校で学んでいる英語としては親しみやすいものではないかと思われます。

アメリカ英語は、間違いなく、今日の世界で最も影響力があり、強力な英語の多様性です。これには多くの理由があります。第一に、アメリカ合州国は、現在、地球上で非常に強力な国であり、常に影響力をもたらしている。第二に、アメリカの政治的影響力は、アメリカの大衆文化、特にアメリカ映画(もちろん映画)と音楽の国際的なリーチを通して広がっていること、第三に、アメリカ英語の国際的な卓越性は、通信技術の非常に迅速な発展と密接に関連している為です。

日本文化や日本の芸術作品など日本には素晴らしいものがたくさんあります。これからの時代は日本人がアイデアを表現するという目的のために英語を話せることが要求されます。その際にアメリカ訛りの英語であれば世界の多くの国での影響力が広がっていきます。現在身の回りにあること、今置かれている環境の出来事をどのように表現していくか、その方法として英語を学んでいけたならば素晴らしいですね!

関連記事